七尾・小森・若宮・放光自治会 幸せますデイステーション「わくわくプラザ」

七尾・小森・若宮・放光の4自治会(玉祖地区)玉祖

人 口  770人

世帯数  359世帯

高齢化率 39.5%

(住民基本台帳2018年12月末現在)

 

 

 

 

 

 

事業実施の背景・経緯

高齢者の方が地域の中で集える場を作りたいとの思いから、玉祖地区の中の七尾・小森・若宮・放光の4つの自治会が共同で、「わくわくプラザ」を運営されています。

民生委員や地域の社会福祉法人などの協力のもと、毎回様々な内容で工夫しながら実施されています。

 

活動内容

毎月第2・4木曜日に、玉祖福祉センターを会場にして実施されています。

地区内にある社会福祉法人ひとつの会の協力で、送迎や健康体操の指導が行われ、地域包括支援センター職員による血圧測定なども行われます。また、第4木曜日はユアーズ・バリュー仁井令店やナフコ防府店への買物もあります。玉祖1

他にも、映像上映や茶道、琴の演奏、自由律句づくりなど、様々なプログラムが行わる日もありますが、それらは参加者や地区に住む方の特技などを持ちよって行われています。

いろいろな人を巻き込み、参加者をお客さんにしないこういった工夫によって、なかなか出て来られにくい男性の参加や、地域の方にこの活動の良さを知ってもらう機会にもつながっています。

毎回10名程度の方が参加され、お茶を飲みながらおしゃべりやプログラムを楽しまれています。

 

資金

防府市の一般介護予防事業による幸せますデイステーション事業補助金を活用

 

成果や課題、今後の展望

2019年4月から、第2木曜日に地域包括支援センターの協力のもと、「高齢者なんでも出張相談会」も一緒に行い、気軽に相談できる場も展開していく予定です。