お知らせ

お知らせについて書いています。

貸室休止期間中はご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。
以下の感染予防対策を講じた上で、貸室のご利用を再開いたします。


新型コロナウイルス感染拡大防止のため以下の点にご注意の上、ご利用ください。
・座席の間隔をあけ、適切な距離(1~2m)を取った配置にしてください。
・マスクの着用と定期的な手指消毒、手洗い、うがいを行ってください。
・1時間以上連続して使用する場合は、1時間ごとに換気を行ってください。
 ドアは、可能な限り開放してください。
・息苦しさ、強いだるさ、高熱などの症状がある方や、風邪症状が続いている方のご利用はお控えください。
・大声での歓声・声援等や歌唱、楽器演奏でのご利用時は、収容人数50%の人数制限とします。
・主催者及び来場者の名簿作成をしてください。
 名簿は主催者が保管し、防府市、山口県、国等新型コロナウイルス感染拡大を防止するための機関から
 当該名簿の提出を求められた場合には、速やかに名簿を提供するよう求めます。

ご理解とご協力をよろしくお願いします。


新型コロナウイルス感染予防対策のための外出自粛や人との接触の減少は、それに伴う経済的な影響、地域の集いの場の減少、家庭内で起こる問題の深刻化など、弱い立場にあった人々の生活をより困難な状況に追い込んでいます。

また、2010年には高齢者1人を2.4人の生産年齢人口で支えていた防府市の人口構造も、2020年には1.8人で1人を支える構造となっており、2030年には1.6人で1人を支える状況が予測されています。

地域の課題そのものも、それを解決していく担い手も、より困難な状況に変化していく中で、課題解決に向けた取組を、SDGsなども踏まえながら、さまざまな属性の活動がつながり合うことで達成していくことが社会的に認知されつつあります。防府市市民活動支援センターでは、多様な属性の活動がつながる支援、地域課題の解決に取組む市民活動団体への支援、これから行動したい人たちを巻き込む支援などの事業に取組んでいます。

この度、5年に一度実施している市民活動団体実態調査において、協働に関するアンケートと併せて新型コロナウイルス感染拡大によって生じた課題への対応に関するアンケートなども行いました。本書において、そのアンケート結果とともに、社会の変化やニーズの多様化に対応しながら活動を行っていくための参考にしていただければとその活動の一部を事例として掲載しました。

本書により、防府市を中心に活動する市民活動団体の活動がより活発となり、各市民活動団体と行政・企業との協働が促進され、地域の課題解決の一助となることを期待しています。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 午前10時~午後10時)

電話番号:0835-38-4422